÷

ٷΰ

˾̾ ˸

˾̾ ˸ ϴ.
  • Languages


  • 世界的に注目されるビジネスセンター

    ⓐ 過去20年間の成し遂げた高い成長率から経済的な奇跡と描写されるシンガポールは、 今日の金融の 中心地として名声が高く、核心的な地域貿易の中心地であり、 世界で最も忙しい港町であると 同時に投資の最適の場所である。

    ⓑ ビジネスハブとしてシンガポールが持っている「資産」は、立派な社会間接資本、 戦略的な位置、熟練された勤勉且つ誠実な労働力、発達した能力、そしてビジネスに 対して実用的で融通性を 持った政府だ。

    ⓒ シンガポールはスイス独立非営利団体である国際経営開発研究所(IMD)が選定した 「2010年世界競争力国家 」1位を記録した。過去数年間、 IMDランキングでシン ガポールが国際貿易、施設構造と事業法律などの 部門で高い評価を受けたことを意味する。 IMDの世界競争力調査は、毎年 300種類を超える 評価基準によって、 上位55の競争力のある国家を選定する。

    ⓓ 世界経済フォーラム(WEF)の国際競争力報告書2009年版ではシンガポールをよく知ら れている 成長競争力指数で5位に選定した。

    ⓔ 英国エコノミスト情報研究所が発刊する全世界ビジネス環境順位ではシンガポール のビジネス環境を 総合3位に評価した。これはシンガポールがアジア太平洋内で 一番魅力的なビジネス環境を 持っていることを意味する。

    ⓕ ビジネス危険情報報告書によると、シンガポールの労働力は先進経済と比べても 持続的に 最高の水準を維持しており、これは労働者の知識及び技術の熟練度が 高い水準であることを 反映している。

    社会安定性

    シンガポールの社会安定性を担当する重要な機構は、中央年金基金(CPF)である。 CPFは勤労者に老後のための財政の安定性を提供する。それは数年にかけて勤労者 の退職年金、住宅所要及び健康保険など包括的な社会保障基金として発展して来た。 それはまた保障設計と投資設計による資産蓄積等を通じてCPF会員と彼らの家族に財政 の保護を提供している。

    調和されている安定的な労使関係

    ⓐ シンガポールの勤労者は、ビジネス環境危険情報(BERI)が実施した労働力評価で、 1978年に 初めて公表されて以来、世界で最も生産性のある勤労者部門でずっと1位の座 を維持してきた。

    ⓑ シンガポールがBERIの調査で高い順位が付けられた、一つ重要な要因は、数年間持続 して来た 労使間の調和と平和だ。1978年以来、労使関係はずっと安定的で、1986年に 起きた二日間のストライキは友好的に解決され、それ以降ストライキは起きていない。

    ⓒ シンガポール労働組合の独特な特徴は、政府と勤労者、そして雇用主という三つ のパートナーが 産業の調和と国益向上のために一緒に働くという点だ。

    優秀な基盤施設及びサービス

    ⓐ シンガポールには39を超える現代産業団地があり、シンガポール全域どこででも 流動的な配置が 可能な注文製作施設を利用することができる。また企業家には最小 の経費で即着手可能な 建設準備工場がある。

    ⓑ 企業家たちは金融、洗練された商業施設及びサービスに、とても競争力ある税率で 接近することが 可能だ。これがシンガポールを単純に製造業の基地だけでなく、全て のビジネスの中心地へと 変化させたのである。

    戦略的位置

    ⓐ シンガポールは位置的に国際貿易の中心に位置した世界的な都市国家である。 シンガポールが 位置した時間帯と效率的な電子通信サービスは、彼らの金融機関 の1営業日以内にヨーロッパ、米国、日本との貿易を可能にする。その結果、 シンガポールは現在、主要金融、外為取引及び国際ドル金融市場の役目を担当している。

    ⓑ シンガポールは、アジア太平洋内で最も都市の連結性が優れた空港の一つで、 60国余り、188以上 の都市と繋がれ、毎週81の空路で、4,466以上が運航されている 主要国際航空のハブである。

    ⓒ 優秀な通信施設と戦略的な地理的位置によって、シンガポールはアジア太平洋内 の理想的な 流通と積替えのハブである。

    自由な企業経済

    シンガポール経済は自由な企業経営を基盤に、外国企業の所有、 外国人材雇用に対する制限がない。

    資本と収益の自由な移動

    収益の送金と資本の収入が自由に行なわれ、資本利益に対する税金がない。

    海外投資者を歓迎するシンガポール政府

    政府は海外投資者に門戸開放政策を適用し、海外投資者を歓迎する。多国籍企業に対する 公式的な態度はシンガポールに有益だと考えている。シンガポールが、制限された規模、 人口、天然資源不足を克服できる方法が、まさに多国籍企業と繋がることだからである。 多国籍企業は技術的で管理的な能力で、シンガポール自らの力で成し遂げるよりもっと 早いスピードで新興市場と投資資本に近づけてくれた。


  • Hong Kong Office

    : Unit 706, 7/F, South Seas Centre Tower 2, No.75 Mody Road, Tsim Sha Tsui East, Hong Kong / Tel:(852)3913-9500 / Fax:(852)2170-1919

  • Singapore Office

    : 3 Shenton Way #16-08 Shenton House Singapore 068805 / Tel: (65)6542-2309 / Fax : (65)6221-4376

  • Korea Office

    : 100, Cheonggyecheon-ro, Jung-gu, Seoul, Republic of Korea / Tel : (82)70-7436-5844 / Fax : (82)2-713-0056

  • Taiwan Office

    : 18F-2, No.163, Sec. 1, Keelung Rd., Xinyi Dist., Taipei City 110, Taiwan (R.O.C) / Tel : (886)988-057-215

상단으로